大分我流会

大分我流会公式サイト 我流会な日々

大分我流会について

 大分我流会は、大分県の某公務員を主体とした模型同好会で、2001年5月に発足しました。
 一般的におじさん達の趣味と言えば、ゴルフ・パチンコ・釣り・競馬等々といったところでしょうか。初対面の自己紹介で「趣味は模型です。」なんて、あまり聞いたことがありません。
 そんな状況下、我流会は「模型の話をしながら酒を飲みたい。」という目的で、自然発生的にできてしまった会で、主なジャンルはAFV、航空機、自動車、ガンプラ等です。
 
 会の趣旨は「みんなと楽しくやる。」、参加資格は「みんなと楽しくやれること。」です。これは大人の趣味を楽しむため、シンプルにしてとても大事なことです。押しつけられる仕事ではなく、各自のスタンス(我流)で楽しんでもらえればいいと思います。もちろん、発足時の目的であった「模型の話をしながら飲む」ということも、年に何回か行っています。
 発会当初から「オタク拝見」という企画を開催しています。会員のお宅におじゃまし、作品やストックを拝見するものです。時にはこれが夜の部へつながります。ご家族には迷惑をおかけしますが、時間を忘れてしまいます。
 
 発足した2001年の秋、日田市の模型店及びサークルのお誘いにより、合同展示会に参加させていただきました。たいした活動もしていなかったのに、この展示会参加はまさに「青天の霹靂」でした。一人前になったかのような錯覚をおぼえたものです。
 2002年も同じ展示会に参加し、またも大収穫がありました。我々とほぼ同時期に結成された大分県内の模型サークルと知り合えたのです。以後はH.Pや例会におじゃまするなど、交流を深めさせてもらっています。その輪はさらに拡大中で、同展示会に特別参加していただいた「タミヤ人形改造コンテスト」の第一人者が我流会に入会、AFVのメンバーのみならず盛り上がっております(特に、怪しい作品に対して)。
 
 今回、ひょんなことから「我流会公式サイト」をあおまきさんに作っていただき、我々も「ねぐら」ができました。少しずつですが、みなさんに楽しんでいただけるものにしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
 
※ここまでは、2003年当時の紹介文です。
 これ以降、モデラーの交流範囲が広がりを見せて、現在では九州をはじめ中国、四国、またネットを通じて全国の人と有意義な交流を深めてることができています。
 開会から10年以上が過ぎて、老眼の度を深めつつも各会員とも模型の道を突き進んでいますので、今後ともよろしくお願いいたします。